Software Robots

ソフトウェアロボットについて理解する

大きな失敗をせずにボットが提供するすべてのメリットを活用しましょう。

ボット、つまり、ソフトウェアロボットが利用できるようになりました。すぐに展開できる専用のボットは、小さくて強力なテクノロジーとして、大きな影響を及ぼすことができます。ただし、そのためには、それらがどのように機能するかを理解する必要があります。

「ボットはツールキットに含まれるツールです。企業は、それらのツールを単独ではなく、オーケストレーションされたアクションの一部として使用する必要があります。」

状況分析の実現と業務のスマート化

皆さんの会社では、いまだに、あらゆる作業を二度手間にさせる障害を乗り越えながら業務を遂行していませんか?それは、既にお払い箱にすべき老朽化したアプリケーションを使用しているせいかいもしれません。または、不必要にコピーアンドペースト作業をしているのかもしれません。あるいは、従業員が既にトレーニングを済ませている何かを遡って再学習しているのかもしれません。

予算が削減され、要求が高くなるにつれて、チームの生産性を低下させる障害を見つけ、解消することが必要になります。そのためにロボットを利用することができます。

ペガのWorkforce Intelligenceのボットは、従業員が直面している課題の性質と影響を認識し、彼らが最大の成果を上げる方法に焦点を合わせながら、日常業務を記録します。

それらのディスカバリボットは、状況分析にとどまらず、対策を講じて成果を得る能力を提供します。反復作業をパーソナルボットに割り当てたり、管理者によるコーチングを可能にしたりして、有効なだけでなく、優秀なチームを作れるようになります。

詳細を見る
ワークフォースインテリジェンスとオートメーション (英語)

生産性を低下させるマニュアル業務を自動化しましょう。

Robotic automation

データシート

ロボティックデスクトップオートメーション

業務を迅速化しましょう。

従業員の生産性の向上

一日を30分巻き戻して、必要なことに使えると想像してみてください。次に、その時間をチームの人数分だけ掛けてください。そのように生産性を向上させることで、何を成し遂げられるでしょうか?

このシナリオを空想から現実に変えるため、パーソナルボットについて検討してみてください。パーソナルボットは、システムへのサインイン、データの検索、コピーアンドペースト作業といった、毎日の労働時間を消耗する反復作業を自動化します。パーソナルボットを利用すれば、従業員が重要な課題に集中できるようになります。

ROIを第一に考えるならば、ペガのパーソナルボットに勝るものはありません。わずか数週間で展開し、以降数年にわたって生産性面でのメリットを活用できるようになります。

迅速かつ大胆なプロセスオートメーション

ロボティックプロセスオートメーション (RPA) が流行語になっているのには、理由があります。RPAは、エンドツーエンド戦略の一環として展開され、コストを削減し、オペレーショナルエクセレンスを促進します。例えば、ROIを1年間で300%増加させるとします。

そのような実績を上げるには、適切なボットを適切な方法で展開する必要があります。McKinseyは、「大量のボットの導入は、ほとんどの者が予想したよりも時間がかかり、複雑なものとなっている」と指摘しています。RPAを無計画に展開すれば、すぐにボットは継ぎはぎ状態になり、統率性が失われてデータを管理、アクセスできなくなります。

そうならないように、ルール管理や、インテリジェンスが組み込まれた高度プロセスオーケストレーションなど、広範なオートメーション機能を備えたRPA技術を利用しましょう。McKinseyの記事を参考にし、お客様にとっての成果に留意してオートメーションを始めましょう。そのためには、どうしたらよいでしょうか。デジタルプロセスオートメーション分野における業界トップ企業に確認してみてください (既に、皆さんはそのトップ企業のWebサイトを見ています)。

詳細を見る
Robotic process automation

ビデオシリーズ

ロボティックプロセスオートメーション:入門編

RPAに関するベストプラクティスについて十分に理解し、メリットを活用しましょう。

Intelligent virtual assistant

製品情報

Intelligent Virtual Assistant

一貫性のある継続したエクスペリエンスをお客様と従業員に提供します。

簡易応答から進化したチャットボットへ

皆さんに朗報があります。チャットボットが利用できるようになりました。まさに、皆が待ち望んでいた機能です。お客様の現況確認をし、基本的な質問に回答し、コンタクトセンターにつなぐといったことしかできないのであれば、決められた手順に従って科学実験をしているのと大差ありません。

そうではなく、競争相手との差別化を図り、実利的で意義のある対応を行いたいのであれば、ペガのIntelligent Virtual Assistantをお勧めします。

単純な応答とデータの取り込みしかできないチャットボットやその他のバーチャルアシスタント機能を進化させることができます。それだけでなく、もっと多くのことができる高度でインテリジェントなロボットエージェントを実現することができます。ユーザーのニーズを予測し、臨機応変に提案を行い、複雑な業務を遂行し、極めて優れたエクスペリエンスを提供します。FacebookチャットやAmazon Alexa、あるいは、より高度な何かを利用しているとしても、お客様が喜んで話したくなるのがボットです。

自動応答ではない、状況に即したメールの送信

最新のデジタルテクノロジーについて語るのは楽しいものですが、間違いなく、皆さんの会社では依然として大量のメールを受け取っていると思われます。そして、毎日何時間もかけて、それらに目を通し、担当者に回し、対処しています。

確かに、メールの管理に役立つことを唱っているツールはありますが、それらは基本的な対処を行うだけです。下手をすると、それらのツールによって型どおりの決まり切った自動応答をすることで、大勢の中の1人にすぎないという印象をお客様与えてしまうことがあります。

ペガのIntelligent Virtual Assistant for Emailは、この手間のかかる作業を代わりに引き受けます。メールの意図を自動的に探り出し、(顧客番号などの) 該当の情報を取り出して、処理を自動化します。そのようにすることで、お客様に対し、より質が高く、興味をそそるメールを、より少ない時間で送信できるようになります。

従業員には、一日中メールをチェックするよりもやりがいのある仕事があります。また、お客様が自動応答よりもましなものを望んでいることは間違いありません。

メールを有効に活用
E メールのための AI とロボットによるアシスタンス

優れた顧客体験も提供する、効率的でアジャイルな組織には、エンドツーエンド オートメーション、人工知能、そしてロボティック プロセス オートメーション (RPA) という 3 つの要素が調和して機能している必要があります。

ボットを活用して、業務の効率性を改善
ロボティックオートメーション

業務遂行プロセスを改革

ビデオを見る
ネクストベストアクション

適切なチャネルで、適切な時に、適切な提案を

ビデオを見る
ケースライフサイクル管理

構築の改善 顧客優先のための構築

ビデオを見る
ワークフォースインテリジェンス

データ主導の確固たる意思決定

ビデオを見る