Legacy System Innovation

レガシーシステムの改革

レガシーテクノロジーによる対応の遅れの解消

1986年を思い出してください。システムが当時のものに戻ったとします。実際にはそこまで古いシステムでなくても、おそらく、目標達成のための迅速な行動の妨げとなることでしょう。そこで、耳寄りなお知らせです。長年にわたって収集した豊富なデータを失わずにシステムを刷新および更新することができます。

「ペガのツール一式を利用すれば、アジャイルかつ迅速なフロントエンドと安定かつ信頼できるバックエンドの実現が可能です。」

必要なものを残し、不要なものを整理

皆様が使用されているシステムは、債務であり、資産でもあります。当然ながら、それらは、故障したり、処理速度が遅くなったりします。しかし、セキュアで、安定性と信頼性があり、コンテンツやデータの宝庫でもあります。

なぜ、あらゆるものを捨て去り、何か新しいものを導入して、リスク (およびコスト) を受け入れるのでしょうか?そのようにしなくても、古いシステムをアジャイルテクノロジー層で包み、従来の投資をリスクにさらすことなく新しい機能を数週間で展開することができます。

ペガのWrap and Renewアプローチは、アジリティを強化しながら安定性を確保するので、モバイル、チャットボット、バーチャルアシスタントなどのデジタルチャネルと、すべて、数十年前の速度ではなく現在の速度でつながることができます。

安定性と信頼性の実現

Allianzは、どのようにしてデジタル製品やサービスを顧客の希望に合うものにしたのでしょうか。

改革のためのデータエンジニアリング

必要なデータを迅速かつ簡単に定義し、実行しているアプリケーションでそれらのデータにアクセスします。

中央からの接続

デジタル改革をレガシーデータ層から始めないでください。結局、顧客、パートナー、および従業員を分断されたプロセスに関連付けるだけに終わります。同様に、個々のチャネルから始めることも、お勧めできません。明日にはサイロ化するものを今日作る結果となります。その代わりに、システムを中央からチャネルに接続してまとめることによって、改革を始めます。

ペガの仮想データ層、統合技術ライブラリ、コンポーネントとコネクターのエコシステムを利用すれば、レガシーシステムを簡単に接続できます。APIをもたないシステムにビルトインのロボティックオートメーションを接続することもできます (ペガは、そのようなシステムがあることも認識しています)。

しかし、より重要なのは、ペガを利用すれば、実現したい成果から取り掛かり、レガシーシステムとデジタルチャネルをまとめて、それらの成果を実現できるということです。Pegaの強力なエンドツーエンドのオートメーションとAI主導のディシジョンは、レガシーシステムに取り込まれるデータをお客様のクロスチャネルエクスペリエンスに変えます。

煩雑を楽勝に変える(英語)

レガシーシステムの改革とは、すなわち、煩雑さと取り組むことです。企業では、買収やサイロ化されたプロジェクトの結果、重複するシステムが残されることがあります。また、それぞれ独自の要件がある、さまざまな事業分野と地域に対応しなければなりません。今後、どのような新しい階層を追加する必要があるか、誰がわかるでしょうか?

ペガを利用すれば、簡単に煩雑さを解消できます。Situational Layer Cake™が役立ちます。ペガが特許権を有するこのアーキテクチャは、最初から、まさに皆さんが直面している極めて煩雑な実際のビジネスを管理するように設計されています。

ぺガの特許取得済みアーキテクチャ

ペガのシチュエーショナル・レイヤーケーキ (Situational Layer Cake™)が、どのようにして組織によるアプリケーションの差別化、専門化、再利用を可能にするかがわかります。

Customer quote background image

顧客事例

Philips logo
「複雑なコネクテッドのケアマネジメントやケースマネジメントに関しては、ペガに匹敵する企業はありません。」
ケーススタディを見る
「私たちにとって、ペガは指揮者のようなものです。私たちのシステムを進化させるためのオーケストレーターであり…」
ケーススタディを見る
Texas DOT logo
「より柔軟に一般旅行者に対応するため、ペガを利用して、メインフレームシステムを段階的に廃止し、経済の変化や部門の変化に合わせることができるようになりました」
ケーススタディを見る

変化に対応するために構築されたプラットフォーム

Pega Platform

多数のグローバル企業によって信頼されており、エンタープライズ規模の変革を実現するシステムとして実績があります。

ビデオを見る